英語

英語話せるようになりたい人が、DMM英会話をやるべき5つの理由

英語が話せるようになりたいけど、留学するしかないのかなぁ〜
DMM英会話ってよく聞くけど、実際どうなんだろ….

このような疑問を解決していきます。

 

こんにちは、家で英語の独り言ばっかり言ってるHiroki(@huslc2es)です。

DMM英会話というサービスをご存知でしょうか。

月額5980円から登録できるオンライン英会話のサービスです。

 

この記事では、DMM英会話を9か月続けたぼくが、英語話せるようになりたい人がやるべき理由を5つ紹介します。

「英語話せるようになるには留学が必要」と思ってる人は多いですよね。

しかし、今はもう日本にいながら英語が話せるようになれる時代。

距離を超えて、言語の壁をぶち壊せるサービスが、このDMM英会話!

その理由をまず結論として紹介。

  1. コスパが高い
  2. 擬似留学が可能
  3. 勝手に英語の勉強時間増える
  4. 色んな国の人と話せる
  5. コミュニケーションスキルが身につく

褒めてばっかりもダメだと思うんで、後でちゃんとデメリットにも触れたいと思います。

 

この記事の対象者は以下の通りです。

  • DMM英会話をやってみようか迷っている人
  • 日本にいながら英語の練習がしたい人
  • 英語の勉強を習慣付けたい人

それでは、さっそく中身に入っていきます!

DMM英会話をやるべき理由5つ

コスパが高い

いきなりズバッと言っちゃいますが、DMM英会話はコスパが高い。

日本にいながら英語が話せるようになりたい人は、「オンライン英会話」「英会話教室」をまず調べます。

ちなみに二つの違いは以下のようなイメージです。

オンライン英会話  =  インターネット上の英会話サービス

英会話教室     =  現実で、教室まで行く英会話サービス

すると、値段の違いに気づきます。

 

大手の英会話教室の料金相場はこんな感じ。

項目 グループレッスン マンツーマンレッスン
レッスン時間 40~90分 40~55分
入会金 0円~32,400円 0円~33,480円
教材費 0円~32,400円 0円~22,680円
レッスン費(月) 6,264円~25,000円 9,072円~40,500円

【2018年】英会話教室の費用の相場は?大手15社の料金を調べてみた結果(https://all-eikaiwa.com/school-cost/)より引用

 

対して、オンライン英会話の頂点に君臨するDMM英会話はこちら。

以下は1日1回25分のプランです。

教室名 DMM英会話
レッスン時間(1日1回プラン) 25分
入会金 0円
教材費 出版社教材全部タダ
レッスン費(月) 5980円(税込み)

 

ざっとした料金はこちら。

DMM英会話のほうが圧倒的に安くて、コスパが良いです。

具体的にどのようなパフォーマンスかといいますと、これから述べるあと四つの理由と被っちゃうところもあるのですが、レッスン回数が断然違うのが大きいです。

英会話教室では業界最安値のNOVAで「月4回 月額10,000円」なんですよ(笑)

月4回はさすがに少なすぎます。

 

学習の観点においても、毎日継続して勉強できる機会が生まれないのは非効率。

DMM英会話なら10000円も払うと、毎日2レッスン(計50分)英会話ができます。

 

この違いはデカすぎますよね。

もちろん、毎日マンツーマンレッスン。

擬似留学が可能

疑似留学というのは、「疑似的に留学している感覚を得られる現象」のことです。

(もちろんぼくの造語)

DMM英会話を毎日やっていると、必然的に英語をしゃべる時間が生活の中にぶち込まれます。

 

毎日25分。

 

留学しても、友達が作れず話す機会が作れない人もいます。

留学費用という何十万何百万というお金を払って海外に行かずとも、月5980円で毎日25分英語を話す環境が得られるんですよね。

疑似留学の質をさらに高くするtipsも紹介しておきますね。

  1. スマホ、PCなどの設定は全部英語
  2. 英語の情報にしか触れまくる(Webサイト、本、音楽、映画など)
  3. 毎日英語で日記を書く
  4. ひたすら英語で考える

DMM英会話も捗ること間違いないので、試してみてくださいねw

勝手に英語の勉強時間増える

これまで見てきた通り、DMM英会話は毎日レッスンです。

1レッスン25分に100円以上費やすんですから、毎日良いレッスンにしたいですよね。

 

ともすれば、レッスンの前に英語を勉強する必要性が出てきます。

「今日はこの単語使いたい」

「今日勉強したこのフレーズ使えそうだ」

「ちょっと耳慣らしにPodcastでも聴こ」

などなど。

 

欲張り過ぎて、レッスン前に頭に色々インプットしたくなりますが、これはつまり勉強時間が増えるということです。

 

予約してからレッスンが始まるまでの間は、リミットが決められているみたいで結構集中できるんですよね。

こういう点を考慮すると、一日100円ちょい以上の価値はカンタンに得られます。

色んな国の人と話せる

DMM英会話では、世界101カ国以上から7300人以上の講師がいます。

体感的には、フィリピン、セルビア、ボスニアヘルツェゴビナなどの国が多いです。

他の国は、ネイティブならアメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダはもちろん。

ノンネイティブなら、メキシコ、ジャマイカ、ナイジェリア、クロアチア、イタリアなどなど世界101カ国ですから、想像できる国はほとんどいるんじゃないんですかね。

 

そんな世界101カ国の人と毎日話せるんです。

ぼくは、DMM英会話を続けていくうちに、目的が「英語学習」と「他国について学ぶ」みたいな感じでレッスンに臨むようになっていきました。

人生でそんなに多くの国の人と話す機会ってそんなに無いと思うんですよね。

普通に生きてたら、話したことがある国の人は、日本とあと数国とかです。

 

ビデオカメラで肉声を聞きながら英語で、いろんな国の人と会話するのは普通に楽しいです。

 

コミュニケーションスキルが身につく

オンラインとは言えど、普通にビデオ通話なのでコミュニケーションスキルが身に付きます。

ぼくは「フリートーク」をメインにやっていたので、質問する力とか結構つきましたね笑

 

会話の中で、相手が話したそうなことを質問するっていうスキル結構大事です。

ただ、相手にしゃべらせてばっかりだとスピーキングの練習にならないので、こっちも喋りまくるっていうスタンスで行きましょう。

25分間、英語と英語を激突させ続けます。

 

ぼくは何度か、講師とプログラミングの話題ができました。

「Cって簡単だと思うけどね」っていう講師の方とも話しました。

お互いに好きな話題だといいです。

 

と言いましても、

「フリートークやりたいけど「話題」が見つからない」

という方も多いと思いと思います。

 

そういう方は、「テーマ別会話集」という優れた教材があるので、そちらを使いましょう。

こんな感じで下にもたくさんあります。

 

教材の中身は、登録してなくても見れるという奮発ぶり。

これ本当使えますね!

このように「テーマ別会話集」の他にも結構いい教材あるんで、試してみるのも良いと思います。

慣れてきたら一番いいのは「フリートーク」です。

 

自分の好きな話題、好きな文法が使える話題、使いたい単語が使える話題、全部満たせる25分間を作っていきましょう。

DMM英会話の良くないところ

DMM英会話をやるべき理由は、書いたので、ここからは正直に良くないところを書きます。

良い点と悪い点、どちらも見てから判断してください。

良くないところは4つあげます。

  1. やめどきが分からない
  2. 毎日予約するのがめんどくさい
  3. 講師のレベルに差がある
  4. Skypeの通信が悪い時がある

正直4つ目はDMM英会話が絶対悪いわけじゃないんですけどねw

やめどきが分からない

DMM英会話は月単位で契約します。

例えば9月15日に登録したら、10月15日までの一か月が契約になります。

自動更新なんですが、普通にぼくは9か月続けました。

 

それは、辞め時が分からなかったからですよねw

英語って喋る機会を失うととっさにスピーキング力落ちます。

大学2年はプログラミングをやると決めていたので、しぶしぶ契約を切りましたが、最近また始めようか悩み始めました。

大学の先輩たちがこぞって「英語は大事」とおっしゃるものですから、「そうだよな~」と思ってる次第です。

ただ、逆に考えると「1か月だけやる!」と決めて契約すれば、質の高い1か月にもなるので、メリットになりますね。

毎日予約するのがめんどくさい

DMM英会話の予約は基本的に毎日やってました。

もちろんスマホでも出来るので予約自体はマジで楽なんですが、毎日のタスクに入ってくるのが個人的に嫌だっただけです笑

一括して予約もできるんですが、その日の何時からできるみたいなのって当日に決めたい。

ぼくみたいな当日に決めたい派は、予約がめんどくさいと感じるようになります。

講師のレベルに差がある

DMM英会話には7000人以上の講師がいます。

そうなると、講師の中にも「質の高い授業をしてくれる先生」と、「そうでない先生」がもちろんいます。

「質の高い授業をしてくれる先生」は、評価が高いので、早めに予約しなければなりません。

1週間全部予約が埋まってる先生も普通にいます。

 

反対に、評価が低い先生はあまり選びたくないというところがあるのですが、たまに選ばざるを得ない時もあります。

ぼくが何度か遭遇した「これは無いだろ」っていう講師の共通点は、「とにかく喋りまくるやつ」です。

スピーキングの練習をしたくて登録してるのに、向こうが話しまくる25分が何度かあり、あれはきつかった。

「Right…yeh.」

みたいな感じで適当に返しながら、Skypeの裏で英語の記事とか読んでました。

 

質の高い授業をするには、良い講師を選ぶ必要があります!

早めに予約するのが一番ということです(笑)

Skypeの通信が悪い時がある

こっちの通信が良好でも、向こうの接続に問題があればSkypeがかくかく固まったりっていうのが頻繁に起こります。

ぼくも結構、カメラフリーズしたまんまレッスンしてました。

 

こればっかりは自分の接続が悪い以外は、どうしようもできない点なので、難しい。

講師のレビュー見て、「接続が悪かった」みたいなのがあったら、他の講師にしましょう。

25分なんで、数分のフリーズはデカいですからね。

良い講師ならフリーズした分だけ延長してくれますが、しないに越したことはないです。

DMM英会話を9ヶ月続けた結果

ここまでDMM英会話のやるべき理由とデメリットについて書いてきました。

しかし、一番気になるのは実際にやってどうなるのか、ということではないでしょうか。

DMM英会話をやる前と9ヶ月後を比較するとこんな感じです。

やる前はこんな状態。

  • 簡単な中学文法すら喋れない。
  • 言いたいことが英語で言えない。
  • 文章をどうやって作ればいいのか分からない。
  • RとLの発音が全然ダメで聞き直される。

DMM英会話をスタートして9ヶ月後はこちらです。

  • 100語以上の英作文が余裕になった(英検準一級ライティング満点)
  • 英語ネイティブに「上手いね, 英語」と言われる!
  • 日本語を頭の中から除いて、英語で会話できる!
  • TOFLEレベルの単語を使って文章を即座に作れる!
  • 英検準一級の面接を練習0回で受かる(練習しろ)

これだけでなく、DMM英会話を始める前と比べて、総合的に力が付きましたね。

スピーキングが出来るようになると、読解やリスニング、ライティングの勉強効率も飛躍的に上がるのを体感しました。

DMM英会話で「実際に英語を使えるようになる」を実感できたんですよね。

まだまだビジネスシーンで使いこなすには遠いかもしれませんが、確実に一歩近づきます。

終わりに

これまでDMM英会話をやるべき5つの理由とデメリット、そして9ヶ月続けた効果について見てきました。

 

どこか行きたい国、働きたい国はありますか?

 

思い浮かべた国で、英語を使いこなす自分を想像してみてほしいです。

 

ハワイでリゾート楽しんでますか?

シリコンバレーで活躍するエンジニア?

ベルリンのスタートアップ?

 

その目標へ辿り着くために、DMM英会話は強力な武器になります。

ぼくはDMM英会話を始めてから英語が更に好きになって、勉強すら楽しいです。

海外旅行に行く際も、自分の英語力のレベルチェックテストになるんですよね。

DMM英会話では無料で2回レッスンを体験することができるんです。

ぼくは一週間くらいやるかどうか悩んだんですけど、あれは本当にもったいなかった…

ぼくみたいに悩んで時間をムダに使ってしまうより、実際に試して決めるのが良いと思います。

POSTED COMMENT

  1. […] >> 英語話せるようになりたい人が、DMM英会話をやるべき5つの理由 […]

  2. […] 「英語話せるようになりたい人が、DMM英会話をやるべき5つの理由」 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください