Ruby

【Rails】Railsアプリでの削除コマンドをまとめてみた

Railsでアプリの雛形を削除したいけど、どういうコマンドだったっけ..

といった疑問を解決していきます。

記事の内容は以下の通りで、サッと確認出来ます。

  • アプリケーションの雛形削除
  • モデルの削除
  • マイグレーションファイルの削除
  • コントローラの削除
  • scaffoldの削除

早速、コマンドを見ていきます。

アプリケーションの雛形削除

$ bin/rails destroy 【対象】【引数】

対象には部品(コントローラなど)の名前が入り、引数にはそのファイルの名前を入れると、Railsが削除してくれます。

destroygenerateの反対と言えます。ジェネレータコマンドが何をしたか把握し、それを取り消します。

Railsガイド

destroyはエイリアスとしてdが存在するので、楽ですね。

generateをdestroyに変えるだけ、Rails賢いです。

ここからは【対象】に入るものを順に見ていきます。

モデルの削除

$ bin/rails d model 【モデル名】

例えばTaskというモデルがあるとします。

Taskモデルに関連しているファイルとそれに付随するマイグレーションファイル、テストを一括して削除してくれます。

例えばUserモデルを作成して、やっぱり消したいと思ったら以下のような感じ。

 

※ここからほとんど同じようなコマンドです。

マイグレーションファイルの削除

$ bin/rails d migration 【マイグレーションファイル名】

先程のUserモデルにカラムを付け加えるために、マイグレーションファイルを作成したとします。「でもやっぱりやーめた(^○^)」としたい場合は以下のようなコマンドで楽ちん。

コントローラの削除

$ bin/rails d controller 【コントローラ名】

コントローラについても同じように削除出来ます。

Usersコントローラの削除は以下のようになります。

scaffoldの削除

$ bin/rails d scaffold 【scaffold名】

最後にscaffoldの削除コマンドです。

TaskというScaffoldを作ったとして、削除ですね。

終わりに

Ruby on Railsにおけるファイルパーツの削除コマンドをサクッとまとめました。

プログラミングを始める際に、Rubyから入る方は多いと思います。

そして多くの方がRailsへと道を進めると思いますが、その過程で僕が勉強に役立ったサービスの1つにUdemyがあります。

こちらの記事で、UdemyのRuby on Railsの講座についてまとめていて、「どの講座が良いか」紹介しているので、よければ読んでみて下さい。

>> 【感想あり】UdemyでおすすめのRuby on Rails講座6選

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください