プログラミング

「月給15万円から独立した」170万ダウンロードを超える家計簿アプリが生まれるまでの話

iOSの家計簿アプリとして170万ダウンロードを超えている人気アプリ「Monelyze」

「シンプルで使いやすい」と評判でレビューも高評価がたくさん。

今回は、このMonelyzeの開発者である濱北さんにインタビューしました。

テーマは「170万ダウンロードを超える家計簿アプリが生まれるまでの話」。

そんなヒットしたアプリ開発の道のりを知りたくありませんか?

濱北さんがプログラミングを始める前から今に至るまでのプロセスをお話してもらいました!

保険屋→エンジニアへ転職→独立

kirohi
kirohi
こんばんは、今日はよろしくお願いします。
濱北さん
濱北さん
よろしくお願いします(笑)
kirohi
kirohi
濱北さんと会うのはこれで3回目くらいですよね。

今に至るまでの過程とかってどんな感じだったか聞いてもいいですか?

濱北さん
濱北さん
そうやね、元々は三重で保険の営業をやってて、そこから保険屋で1回独立したんよね。

でも色々問題が重なってもう続けられん状態になって、そっから上京したって感じやな。

でエンジニアとして一回普通に就職したんよ。

kirohi
kirohi
そうなんですね、それはどんな会社で何やってたんですか?
濱北さん
濱北さん
受託系のWebとかアプリとかなんでもするエンジニアって感じやな。

ど素人やったから月給手取り15万とかやったな。

でも当時29とか30とかで、もうマズイやんか確実に(笑)

kirohi
kirohi
確かに(笑)
濱北さん
濱北さん
で、頑張って仕事覚えて。

給料あげたいというか、副業みたいな感じで自分でマネタイズした方が早いなって思ってたんよね。

kirohi
kirohi
なるほどですね。
濱北さん
濱北さん
元々そっちがやりたかったって気持ちもあったんよな。

で、そっちが売り上げ上がったから、昼に勤めてたのを辞めたっていう流れですね。

Swiftは独学…?

kirohi
kirohi
その時の受託企業に勤めてた時からSwiftを書いてたって感じなんですか?

Swift…iOSアプリを開発するためのプログラミング言語

濱北さん
濱北さん
いや、PHPとかRailsとかWebの方が8割。

最後の方若干Swiftがあったかなってぐらいやけど、その時は他の人に任せて仕事してたりとかで、Swiftはほぼ書いてなかったな。

kirohi
kirohi
そうだったんですね。仕事でSwift書いててその流れで作ったのかと思ってました。
濱北さん
濱北さん
Swiftはほぼ独学やな。

昔からのプロジェクトはまだObjective-Cとかが多かったしな。

kirohi
kirohi
確かにそのくらいの頃ですね。

保険までは、ずっと三重まででやってたって感じなんですね。

そこから受託企業でエンジニアをやるために、東京に来たっていう。

興味があって、本当にやりたかったこと

濱北さん
濱北さん

保険の仕事はフルコミッションで完全に歩合やから、売れたらもらえるけど売れんかったら0円で。法の規制とかで個人でやっていくのも難しくなってきて無理やってなって。

どうしよっかなって悩んで。そんでもう、やりたいことやろうって思って。

で、本当にやりたいことを考えて出てきたのが、一番興味あったIT系やったんよな。

kirohi
kirohi
なるほど。
濱北さん
濱北さん
家電とかも一回考えたんやけど、業界的には伸びてはないやん。

自分で商売しよう、って思ってたから運用資金も製造やったら億ぐらいいるやん(笑)

kirohi
kirohi
そうですよね。めちゃくちゃ借りないといけない(笑)

そうなったら確かに、ITが一番はじめやすそうですね。

濱北さん
濱北さん

そうやな、パソコン一台あればできるし。

で、ITの道に決めて上京したって感じかな。

ど素人から二年で独立…?!

kirohi
kirohi
その受託企業ではどのくらい働いたんですか?
濱北さん
濱北さん
二年ぐらいやな。
kirohi
kirohi
二年ぐらい働いたあとに、もう独立ですか?
濱北さん
濱北さん
うん、独立して。
kirohi
kirohi
二年って早い!
濱北さん
濱北さん

うん。ど素人からの二年で独立は多分早い方やな。

でもエンジニアリング力は全然なかったよ。

kirohi
kirohi
(そうは思えないですが..)
濱北さん
濱北さん

一年くらいやった後に、アプリ作り始めて。

それで次の一年くらいでいけるって感じになったな。

家に帰ってからもコードを書き続ける日々

kirohi
kirohi

そのスピードだったらやっぱり家でもずっとやってたって感じですか?

エンジニアとしての仕事が終わった後もやるみたいな。

濱北さん
濱北さん

まさに、そうやな。

マジでもう、ひたすらコード書いてたな(笑)

仕事終わってからももちろん帰ってからやってたし。

kirohi
kirohi
おお、結構ストイックに。
濱北さん
濱北さん

ただ部屋がもう狭いから。スタバ行って作業して。

飯はケチってたけど、スタバ代は自己投資やったな。

starbucksの画像
濱北さん
濱北さん

遊びに行く金も別にないからさ。

合コン誘われたとしても「月給15万円ですー」とか言えへんやん(笑)

kirohi
kirohi
はは(笑)
濱北さん
濱北さん
「働いて」って言われるだけやからな(笑)
kirohi
kirohi

そこの勉強のモチベーションの保ち方とかって知りたい情報だと思うんですよね。

何か工夫とかってありましたか?

濱北さん
濱北さん

よく聞く事かもしれんけど、環境に身を置くのが一番やったな。

全財産50万円くらいの時に東京きて。不動産借りたら数ヶ月で無くなるレベルやん(笑)

毎月クレジットカードとか上手く使わんとキャッシュアウトするみたいな(笑)

単純にモチベーションは、「やらな破産する」っていう感じやったな。

kirohi
kirohi
やらないと破産…。

でもそこで、また転職とかで別の職種に行かなかったのは、独立志向が強かったりしたのかなって思います。

自分がやりたいこと・好きなことは続けられた

濱北さん
濱北さん

うーん、そうやな。

おかんが学校の先生で、色々習い事とか習わされてたんよ。

塾とかそろばんとか水泳とか。

kirohi
kirohi
はい
濱北さん
濱北さん

でも自分がやりたくないやつは全然やらずに、いってきますって言いながら行かなかったりで頑固やったな(笑)

で、逆に自分から始めた野球とかは結構続いたりして。

kirohi
kirohi
あー分かります(笑)
濱北さん
濱北さん

昔から自分がやりたいってことはやってきた、って感じかもしれんね。

ただ、何かやめるって時は結構不安になるよ。高校辞めた時も一年で辞めるって言うから、しかもおかんが教師やし(笑)

転職とかの時も、連れに聞いても誰に聞いても反対されてたしな。

「お前、そんなええ年で東京行くって大丈夫か?」みたいな(笑)

kirohi
kirohi
それは絶対なりそうですね(笑)
濱北さん
濱北さん
でも、「親に言われたから~」とかって人のせいにあんまりしたくないって言うのはあったな。

あとは学歴が無いから、良い企業に勤められないっていうのもあるかもしれんけどな。

kirohi
kirohi
なるほどですね。ポジティブとネガティブなモチベーションどっちもあるみたいな。
濱北さん
濱北さん

大学行ってたらどうなっとったか分からへんけど。

モチベーションでいうと、もちろん人間やから全然やる気ない時もあるよ(笑)

あんまり作業してなかったら、自己嫌悪にも陥るし。

kirohi
kirohi
分かります、ここ最近ぼくそれでした(笑)
濱北さん
濱北さん

そうそれで、さっきのにも繋がるけど、家おったら出来んからあえてスタバ行くとか。

スタバとかだったら、周りの目とかあってPrime Video見たりとか出来んから(笑)

独立後のモチベーション管理は…?

kirohi
kirohi
あー確かに。

そういう頃を経て、独立した後の方のモチベーションとかはどんな感じだったんですか?

結構、お金的にも余裕が生まれたんじゃないかなーって。

濱北さん
濱北さん

うん、全然違ったね。時間的にも身体的にも全然楽やしね。

遊ぼうと思ったらいくらでも遊べるし、寝ようと思ったらいくらでも寝れるし(笑)

自己管理とか、正直できてない(笑)

今日も昼頃起きたし(笑)

kirohi
kirohi
ははは(笑)
濱北さん
濱北さん

でもなんやろな、習慣にはなってて。

全くコード書かないとか作業しないとかっていう日は無いな。

起きてからのフレッシュな時に作業はやろうって思ってて。

kirohi
kirohi
うんうん
濱北さん
濱北さん
それでもひどい時とかは二時間くらいでサクッと終わらせて仕事しないって日もあるしな(笑)
kirohi
kirohi
二時間で仕事が終わる…。うらやましい。

不安と楽しさの2つのモチベーション

濱北さん
濱北さん

ただでもやっぱりめちゃくちゃ不安やな。

広告収入やから、ダウンロードされんくなったらアウトで終わりやから。

kirohi
kirohi
確かにですね。
濱北さん
濱北さん

そういう不安からくるモチベーションとかもあるよね。

ただでも逆に、「この機能実装したら、これだけの多くのユーザーが使ってくれるんや!」ってポジティブなモチベもあるよ。

kirohi
kirohi
なるほどですね。

弾けたときの怖さってやっぱありますよね。

濱北さん
濱北さん

うん、このビジネス自体あと20年は絶対持たないと思ってて。

10年も微妙やと思ってて。

その次に何するかって、そこはよく考えるかな。

家計簿アプリに選んだ理由は?

家計簿マネライズ - 簡単でシンプル人気の家計簿(かけいぼ)

家計簿マネライズ – 簡単でシンプル人気の家計簿(かけいぼ)

Monelyze Inc.無料posted withアプリーチ

kirohi
kirohi
うんうん、そうですよね。

作られてる「Monelyze」って家計簿のアプリじゃないですか。

作ろうと思った理由とか聞きたいなと思います。

 

濱北さん
濱北さん

結論からいうと、すごい単純で。

「自分が情熱を注げて、かつ得意」っていうので決めたかな。

保険やってたから金融はまぁ知ってて好きやったんよな。

自分が上手いというか。

kirohi
kirohi
なるほど、保険時代の経験がつながってたんですね!

金融は適正が合ったって感じですね。

濱北さん
濱北さん

そうやな。それがでも好きやけど得意じゃなかったこともあって。

kirohi
kirohi
と言いますと?

好きだけど得意じゃなかった、野球からの学び

濱北さん
濱北さん

それが僕の場合は野球なんよね。

めっちゃ好きで、さっきも言った通り、野球は小学校の頃に自分から始めたんよね。

中学校入っても三年間家で素振りしたり、自主練もするし、ちゃんと本とかも読んでイメトレとかもしてたんやけど、ずっと補欠やったんよね(笑)

kirohi
kirohi
そうだったんですね。