プログラミング

Sublime Textでインストールしたパッケージを無効化する方法

Sublime Textで日本語化しようと思い、Japanizeを有効化させました。

しかし、バーだけが日本語化されるという気持ち悪い状況になり、全てが日本語化出来ませんでした。

Qiitaの記事などを読むとJapanizeで完全に全て日本語化させるための情報がたくさんありましたが、WindowsとMac向けばかりでUbuntu用がありません。

フォルダの中身を見てもJapanizeはおろかDefaultのフォルダも何故か存在しなかったので、「仕方ない、無効化しよう」ということに。

 

パッケージの無効化はめちゃくちゃ簡単です。

早速行きましょう。

 

パッケージの無効化

まずはSublime Textを起動させます。

Sublime Textを起動した後、「Command(Ctrl) + Shift + P」のショートカットキーを押してください。

そして出てきた検索窓に「disable」と打ち込みます。

候補に出てきた「Package Control : Disable Package」を押します。

 そうすると、インストールしていて有効化されているパッケージがずらっと表示されます。

ここで選択したものをクリックするとパッケージが無効化されます。

無効化された確認として、画面下の方に「~~ successfully added to list of disabled packages -restarting Sublime Text may be required」(パッケージの無効化リストへの追加が完了。設定反映のために再起動してね。)と出てきます。

 

以上、超かんたん。

ちなみに有効化したいときは「disable」と入力したところを「enable」に変えて同じようにやっていくと、無効化されているパッケージが出てくるので、それを選択すれば有効化できます。

 

終わりに

今日始めてSublime Text使ったのですが、ATOMとかよりも何倍も軽くてイイですね。

参考: Sublime Text- パッケージの無効化/有効化