Linux

UbuntuにRubyMineをインストールして、即起動可能にする

こんにちは。

Jetbrainsの製品は、最強のIDEと謳われています。

この記事では、Ubuntu 18.04 LTSに、Jetbrains社のRubyMineをインストールする方法を記しておきます。

18.04 LTSでなくとも、イケるはずです。

 

インストール方法、特に難しくないんですが、「RubyMine Ubuntu インストール」などと検索しても、大した情報が得られなかったのでまとめる。

 

 

では早速。

ブラウザからRubyMineをダウンロードする

LInux用のRubyMineダウンロードページ へ飛んで、RubyMineをダウンロードします。

水色の Downloadをクリックして、ダウンロードします。

 

デフォルトなら、ダウンロードフォルダ(Downloadsなど)にダウンロードされるはずです。

フォルダは圧縮されています。

解凍して、RubyMineを実行する

ここからは公式のヘルプに頼ります。

Downloadsフォルダがファイル実行をサポートしていない場合、RubyMine-*.tar.gz ファイルを別のフォルダに解凍します。

とあるので、勝手にサポートしていないと仮定して進めていく。

 

Downloadsフォルダにあるの、邪魔くさいですしね。

解凍

まずはRubyMineがダウンロードされたフォルダで

sudo tar xfz RubyMine-*.tar.gz -C /opt/

とターミナルに入力します。

 

フォルダ移動

次にそのフォルダのRubyMineのbinに移動(Change DIrectory)

cd /opt/RubyMine-*/bin

 

実行

RubyMineのbinファイルで起動できます。

なので、ここでRubyMineを実行してみましょう。

./rubymine.sh

起動完了!!!!!

設定はお好みで、どうぞ。

さきほどの公式のヘルプを参考にしてみてください。

 

とりあえずこれで実行できるようになりました。

 

 

ただ現状だと、

/opt/RubyMine-*/bin

に移動してさらに

./rubymine.sh

と入力して実行になっています。

 

RubyMineを即起動可能にする

わざわざ移動してから実行とか面倒なので、どこからでも起動できるようにします。

必要なのはシンボリックリンクの作成と “canberra-gtk-module”のインストールのみです。

 

シンボリックリンクを作る

シンボリックリンクの作成は以下の2つのコマンドでOKです。

sudo su -c "ln -s /opt/RubyMine-2018.2.2/bin/rubymine.sh /usr/local/bin/rubymine"

sudo su -c "ln -s /opt/RubyMine-2018.2.2/bin/rubymine.sh/usr/local/bin/inspect"

こちらの記事を参考にしました。

 

これでどこにいても、

rubymine

で起動できるはず。

 

“canberra-gtk-module”のインストールが必要みたい

しかし、起動するものの変なエラーが出ているようです。

エラーでググってみると、stack overflowにまんま解決策がありました。

https://askubuntu.com/questions/342202/failed-to-load-module-canberra-gtk-module-but-already-installed

 

一番評価の高い解答ではなく、2番目のやつでエラーが出なくなりました。

 

sudo apt-get install --reinstall libcanberra-gtk-module

DebianのGTKモジュールらしいです。

(参考: https://packages.debian.org/ja/sid/libcanberra-gtk-module )

 

これで何の問題もなく、即時にrubymineと入力すれば起動できる状態になりました。

終わりに

RubyMineについては、チェリー本で有名な伊藤淳一さんのqiitaの記事が参考になります。

メインの開発ツールをVimからRubyMineに変更した理由

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください