ブログ

【書きたくなる】ブログを書くメリットを6つ紹介する

こんにちは。今年からちゃんとブログを書き始めたHiroki(@huslc2es)です。

 

最近、Twitterを見ている限りブログを書いている人が激増した気がしています。

 

この記事では、ぼくが思うブログを書くメリットを6つに絞って紹介し、これを読むあなたにもブログを開設し、キーボードを叩いて欲しいなと思います!

 

先に結論をどうぞ。

  1. アウトプットの場になる
  2. 社会貢献できる
  3. 時間にメリハリがつく
  4. 収入の源になる可能性がある
  5. 勉強する時間が増える
  6. 自分を知ってもらうことができる

 

 

それでは早速見ていきましょう。

1. アウトプットの場になる

ブログを開設するということは、新しく自分のアウトプットの場所を作るということです。

なぜメリットになるのか。

 

それは自分の外部記憶装置を拡張できるからです。例えば、本でプログラミングの勉強をしていて、分かりにくい概念が出てくるとします。ブログがあれば、自分の備忘録として、分かりやすく噛み砕いて説明したものを記憶装置としてWebに置くことができます。

 

日常にあるものを学ぶ、知るというのはほとんどがインプット。勉強したり、映画を見たり、音楽も聞くのも、海外旅行から帰った友達から話を聞くのもインプットです。

 

そして人間は忘れやすい生き物で、食べたものなんてすぐ忘れてしまいます。一週間前に食べた晩ごはんは覚えていないですが、インスタにあげたあの日のランチは、投稿を見ると様子が思いだせます。それは、記憶装置としてインスタが使えるのと同時に、アウトプットをした経験が記憶のトリガーになっているからです。

 

画像を付けたい投稿はインスタで、ちょっとしたことはTwitterでアウトプットするように、ブログもアウトプットの手段の一つ。

 

特に長い文章を書くのに適していて、自分が学んだことをアウトプットするのにベストです。インプット過多な人が多い中で、ブログを持つことでより効率的に学習することが可能になります。

 

2. 社会貢献できる

ブログはある種の社会貢献です。「全く意味が分からんことを言っているなコイツ」と思うかもしれません。

 

ちゃんと説明します。

何かの情報を得る時にぼくらは、Google(など)を使って検索します。

 

例えば、東京で美味しいランチを探している時に「東京 ランチ おすすめ」みたいに。

そうすると、「東京ランチの決定版!絶対行くべきおすすめグルメ〇〇」みたいな記事が上の方に出てきます。

出てきた!

 

そのような記事を書いている人は、持っているグルメの知識を「ブログ」という媒体を通して提供してくれているわけです。

 

以上は読む側の目線でして、これを書く側からみます。

 

例えば、あなたに行きつけの美容室があるとします。それをブログでオススメする記事を書くとしましょう。どこが魅力なのか、カラーやシャンプーはいくらなのかなどなどを書いて投稿します。

すれと、その記事を読んだあなたの友達、知らない人達がその美容室について知ることができ、あなたのブログを読んだということを理由に美容室に行くかもしれません。

すると美容室は儲かります。

 

考えてみてください。

 

美容室が儲かるなら、さらに良いサービスが提供されるようになる可能性が大です。そして、もしかすると美容室は客を増やしたあなたにお礼と特典サービスをくれるかもしれません。

しかし、こう上手く自分に何かしらの見返りがあると考えるのは軽薄です。ぼくは、ひたすらGIVEの精神を持った人にGIVEが集まると考えていますので、社会に貢献しまくります。

 

特にプログラミングをしているといつも世界の誰かの社会貢献に助けられています、ありがとう。

 

3. 時間にメリハリがつく

ブログを書くのは、正直に言ってしんどいです。大学生ならレポートを書くのが辛い人が多いと思いますが、ブログはレポートのカジュアル版みたいなもんです。

しかし、ブログを書くことを習慣にすると時間にメリハリがつくようになることは声を大にして伝えたいです。

 

なんでメリハリがつく?

 

書くのには単純に時間がかかるからです。2000文字以上の記事を書こうと思うと、一時間ほどはかかります。24時間あるはずの今日、一時間をブログに使うわけです。出来たはずのあんなことやこんなことを犠牲にして、ブログに貴重な一時間を捧げます。

一見、ただ一時間を使っただけですが、ブログに捧げることにより他の23時間をどう過ごすか考えるようになります。

 

時間は人間の命です。

ぼくの意見ですが、時間をつぶすという考え方には、全く共感できません。ブログを書くことによって、一時間減り、残りの23時間をより生産的に過ごすようになります。

 

つまり、メリハリがつくというわけです。

もちろん、すべての人が2000文字以上書く必要なんてないですが、書くという行為は以外にも時間と労力を使います。

 

しかし、ブログを書くことで得られる「時間にメリハリがつく」というメリットには感謝しているくらいです。

 

4. 収入の源になる可能性がある

これは、ぼく自身まだこのブログから利益を出しておらず、サーバー代で赤字なので声が小さくなりますが、世の中にはブログで月収100万円を超える人がわんさかいます。もちろん、そのよなブログを構築するのは、決して簡単ではなく、何千時間も何万時間もブログへ時間を投する必要があります。

 

お金を稼ぐためにブログを始めるという人ももちろん多いと思いますが、そういう方はアフィリエイトについて調べることをオススメします。

 

(アフィリエイトというワードを怪しいと感じる人がもしかしたら怪しいと感じる人がいるかもしれませんが、それは全くお角違いで、簡単に儲けられるビジネスではない、立派なものです。)

 

また、ブログ自体で収入を得なくとも、「ブログを書いているという事実」が収入の源になる可能性もあります。アウトプットの蓄積は、その人に信頼を集めるからです。その信頼がお金に変わることは往々にして、存在します。

 

実際にお金に変わったわけではないのですが、インターンシップの面接の時にブログを書いているという事実は、どの会社にもプラスに捉えられます。

 

蓄積している知識の証が信用を生み出し、その信用が収入に変化するということです。知識がお金に変わっている例は、ぼくが昨日、Amazonで本をポチったことと同じです。

 

5. 勉強する時間が増える

ブログを書くのには、知識が必要です。そのためには、日々情報感度を高めて、質の高い情報にアクセスする必要があります。

例えば、プログラミングで学んだことをアウトプットするためには、その知識が正しいかどうかチェックする必要もありますし、読書で手に入れた知識を使って記事を書くには、何度も読み返さなければいけません。勉強と言うよりかは、アウトプットするためのインプット量を自然に増やせるという感じですね。

 

何もブログを書き始めるのにあれもこれも勉強しなくちゃいけないという感じではないですし、自分のおすすめのものなどを適当に書くのでも全然良いです。

一番はブログを書くのが楽しいと思えることだと思いますし。

 

勉強最高!と思ってるぼくみたいな人は、ブログを書くことで勉強時間がさらに増えます。

 

自分をモチベイトするきっかけとしてのブログ、やっぱイイっすね。

 

6. 自分を知ってもらうことができる

ブログを書くということは、自分の考えや体験、興味のあることについて書くことがほとんどです。

例えばこの記事は、ブログを書くことにメリットを感じているぼくという人間が、そのメリットをあなたに伝えるためにキーボードを叩いて書いた記事です。

そして、この記事を読んだあなたはおそらく、「あぁこれ書いてるヤツはブログを書くことにメリットを感じている人なんだ」と思うことでしょう。じゃない?

 

 

ここまで読んでいただいて分かる通り、That’s itでございまして、ぼくはそういう人です。

で、こうしてブログを通してアウトプットするじゃないですか。そうするとですね、Twitter上だけで知り合って、まだ会ったこともない人でも、大体ブログを書いている人がどんな人間か分かると思うんですよ。

 

 

文章は思考の反映です。

なので、ブログを通して自分の思考を知ってもらえます。

 

DMなどでやりとりをして、初めての人と出会ったとします。そこで起きる会話は、街角で初めて出会った人と話すより、会話が超イージーです。理由は、記事をざっと読むとその人の考えや興味のあることが分かるからです。

読んだ側からすると、「あぁこの人はそういえば『カメラを止めるな』って映画見てたな〜、ちょっと感想聞いてみよ!」と話題を作るのが簡単になります。また、ブログを書いてる側も好きで誰かに伝えたかったから書いたわけで、記事にするくらいの話題は絶対Welcomeです。

 

ブログを書けば、自分を知ってもらうことができます。

相手が読んでくれたらの話ですが、得られるメリットはデカイです。

 

終わりに

他にもブログを書くメリットは、「タイピングが早くなる」「文章力が上がる」「レポートが早く終わるようになる」とか色々あると思います。

 

ただ、伝えたいのはこれらのメリットを得るためには、始めること。ブログを開設し、しょぼくていいから一記事書くこと。それを恥ずかしがらず、Webという混沌に投げ入れること。

これらが必要。

 

多分、これを読んでいただいた方の中にはブログ始めようかなと思ってる方が何人かいると思います。はてなブログでも、WordpressでもGithub.ioでもアメブロでもなんでもOKなので、一人でもブログ書く仲間が増えたら嬉しい限り。